top of page

プレピアノアカデミー

こどもを『伸ばす』心に寄り添うピアノレッスン【プレピアノ知育メソッド】

84D8C41C-5BFF-4C80-B6E8-F4D620379698_edited.jpg
B224E833-C3AA-4D08-9B9A-5E0F5819D739.JPG
IMG_4453 2.jpg
IMG_4453 3.jpg
IMG_4452 3.jpg
IMG_4452 2.jpg
ホーム: トップ

​指導者認定講座について

2022年7月29日

ホーム: インフォメーション

​​プレ期、導入期のピアノレッスンについて

乳幼児期の心と体の脳を育む『プレピアノ知育メソッド』を取り入れた1歳児から3歳児の【プレピアノレッスン】、3、4歳児の【導入期レッスン】のご案内

プレピアノ知育メソッドによる

プレピアノレッスン

​導入期レッスン

ピアノを習う前段階のことをプレピアノ、

ピアノを習い始める段階は導入期といいます。

『0歳から3歳の間の乳幼児期に人間の脳の80%が完成する』と、大脳生理学でも明らかにされているように、0歳から3歳はシナプスが急激に増える時期でとても重要な時期です。

  ニューロン同士を繋ぐ役割を持つシナプスが、最も急激に上昇する時期は1歳前後。その時期に手を使う・体を動かす・感覚を鍛えるなど、五感力を養う働きかけがとても有効だと言われています。

 【プレピアノ知育メソッド】とは、乳幼児期のこどもの五感を育み、心と身体と脳の発達を『音楽』や『ピアノ』を通じて促す『知育』としても効果の高いメソッドです。

ピアノを習い始める3、4歳児、

​その前段階の1、2歳児のためのレッスンです

10.png
5.png

プレ期(プレピアノ)ピアノレッスン

【プレピアノ知育メソッド】を取り入れたレッスンでは、『聴覚=聴く力』を中心に、ピアノに触れながら『音』を奏で、 こども自身が『表現する喜びや楽しみ』を感じることができます。

①ピアノの音を聴く・弾く、

②楽譜を読む・書く

③音楽を心と体で感じる・表現する、

この3つを軸としたプレピアノ期・導入期のレッスンで、楽しみながらピアノ演奏のための土台を作り、音感、リズム感、拍感、拍子感、フレーズ感、ダイナミクス、テンポ感などの音楽的要素も感覚的に楽しく身につくのです。

 プレピアノアカデミー認定指導者は、乳幼児期の音楽教育法【プレピアノ知育メソッド】をもとに、多角的なアプローチで、

小さなこども達を『伸ばす』心に寄り添うレッスンを行っています。

​導入期レッスン(幼児ピアノ)

【プレピアノ知育メソッド】を取り入れた導入期のレッスンでは、『聴覚=聴く力』を中心に、ピアノに触れながら『音』を奏で、 こども自身が『表現する喜びや楽しみ』を感じることを大切にしています。

一人一人の個性や気質を考慮し、導入期の教材を選び、「できた!」を引き出します。

①ピアノの音を聴く・弾く